ガジェット レビュー

alumania EDGE LINE for iPhone 12 Pro Max:背面の美しいデザインを損なわずにiPhoneを保護する

iPhone 12 Pro Maxを斜めがけ出来るように色々と揃えました。

iPhone 12 Pro Maxの斜めがけスタイル。手ぶらで快適生活。

iPhone 12 Pro Maxを斜めがけにして使おうと思い、購入したYOSEMITE MOBILE STRAP。 結局、付属のストラッパーでの装着がしっくり来なかったので、Kamakiri Work ShopのLoopを追加しました。 ...

続きを見る

ストラップを付け、斜めがけ出来るようにして、ひとまず満足していたのですが使っているうちに何か物足りない気持ちに...
以前使っていた、iPhone7 Plusはケースを着けていなかったのですが、新しくiPhone12 Pro Maxを購入するにあたり、Apple純正のクリアケースを合わせて購入しました。そもそもiPhone12 に買い換えるにあたり、Proの背面のデザインとブルーの色に惹かれたのも購入を決めたポイントのひとつです。純正のクリアケースは透明度が高いのですが、それでも何も付けていないiPhone12 Proの背面の美しさは損なわれてしまいます。さらに、純正クリアケースのボタン類の押し心地の悪さも加わり、不満が募っていきました。
iPhoneのデザインを尊重するなら、ケースなどは何も着けないのが一番ですが、買ったばかりのiPhoneを裸で使うほどの勇気はありません。そういうわけで、折衷案としてalumania EDGE LINEというバンパーケースを購入したので、使い心地などレビューします。

パッケージ

ヘアライン調のプリントが施された箱で高級感があります。

中には巾着袋に入ったバンパー本体と、取扱説明書、ストラップ用の樹脂パーツ、取り付け用の工具が入っています。

巾着袋にブランドロゴが入っています。袋はサラサラとした素材です。

バンパー本体

本体のカラーは、黒・シルバー・ガンメタ・赤・青の五種類があります。今回はガンメタを選びました。

ディテール

前面下部に文字がプリントされています。

操作ボタンはステンレス製です。バンパー本体に組み込まれていて外れないようになっています。

バンパー内側にクッション材が付いています。

サイドのアンテナ部分はくり抜いてあり、半透明のサイドパネルが付いています。

サイド右上部分にブランドロゴが埋め込まれています。

背面下部にストラップ取り付け用の穴が空いています。その隣には商品名のプリントが。

付属の樹脂製ストラップアタッチメントです。

バンパー左側の穴にはめて使用します。バンパーに直接ストラップを取り付けることも出来ますが、アタッチメントを付けることにより、ストラップの紐が切れにくくなっています。

バンパー本体はアルミ無垢材からの削り出しで作られ、色付にアルマイト仕上げがされているとのことです。
エッジの加工なども綺麗でボタン類の質感も高いです。ブランドロゴも別パーツで埋め込まれていたりと、高級感があります。ただ、プリントされた文字が多く、少し雑然とした印象です。気になるほどではないですが、個人的にはシンプルなものが好みなので、ブランドロゴや文字などはあまりない方が良かったです。

取り付け

付属の工具でネジを取り外します。上下に分割されています。

バンパーを少し広げながら、滑り込ませるように装着します。

バンパーの下側部分を付け、ネジで固定します。

取り付け完了。iPhone背面のブルーとバンパーのコントラストが美しいです。

取り付けてみて

エッジの加工が滑らかで、手に馴染む形状のため持ちやすいです。バンパー本体の重量も軽く付けていても気になりません。

ケーブル周りも広く空いています。iPhone12に付属している、先端の大きめな純正のケーブルも装着できます。

マナーモードの切り替えスイッチ部分です。小さめの作りで、爪で操作する必要がありますが、すり鉢状になっていて切り替え操作はしやすいです。

カメラ部分はバンパーよりも出っ張っているため、背面を下にして置くとカメラ部分が当たります。
メーカー側もレンズプロテクターの装着を推奨しているので、後述するレンズプロテクターを装着しています。

手に馴染むデザイン、軽量で装着しているのを忘れさせてくれる軽快さがあります。ボタン類の操作もしやすくサイドボタンのダブルクリックも快適に出来ます。

Kamakiri Work Shop Loopとの併用

バンパー下部の開口部が大きいので、併用可能です。少しバンパーに干渉しているようですが、実用上の問題はなさそうです。

ストラップの紐部分は、ケースに直接取り付けています。Kamakiri Workshopの金具部分はヨセミテストラップでの吊り下げ専用として、2重リングだけを取り付けています。

Kamakiri Workshop Loop:iPhoneに直接ネジ止めしてストラップをつけられるようにする

iPhoneをショルダーバックのように肩に斜めがけしようと思い、YOSEMITE MOBILE STRAP PROを購入しました。こちらの記事に書いたように、ストラッパーを使って装着するのがイマイチだと思い、別の方法で装着しようとしていて見 ...

続きを見る

レンズプロテクター

アルマニアのレンズプロテクターです。スタンダードタイプとハイグレードタイプがあり、こちらはハイグレードタイプです。

ハイグレードタイプは、カラーがガンメタル・シルバー・レッドの三種類です。バンパーと合わせてガンメタルを購入したのですが、バンパーとは色がけっこう違うので少し残念です...

裏面に3Mの両面テープが付いていて、貼り付けるだけで簡単に装着できます。

加工精度が高く、ピッタリと装着できます。LiDARスキャナー部分は縦型にくり抜かれています。

以前の記事でヨセミテストラップで斜めがけしているときにiPhoneをぶつけてしまうので、レンズプロテクターを装着しました。そのときのもの(Deff Hybrid Camera Lens Cover)と比べてアルマニアのプロテクターの方が質感が高いです。Deffのプロテクターはレンズ周りの角のエッジが鋭く、背面を下にして置くときにテーブルなどに傷が付いてしまいました。アルマニアのプロテクターはエッジが滑らかに加工されているので、そういった心配はありません。
ただ、Deffのプロテクターはレンズのガラス部分も保護できますが、アルマニアのプロテクターはレンズのガラス部分はむき出で、保護されません。レンズのガラス部分まで保護したい方は、Deffのようなタイプを選んだほうが良いかもしれません。

まとめ

必要最小限の範囲で、iPhoneを保護するバンパーケースであるalumania EDGE LINE。
アルミ無垢材から削り出されたバンパーは見た目の高級感があり、所有欲を満たしてくれます。オプション品が豊富にあることや、ストラップを付けられる部分が多いため自分好みの使い勝手にカスタマイズすることも可能です。カラーも豊富で、iPhoneと色を合わせたり、あえて全く違った色にしてコントラストを楽しんだり出来ます。
iPhone背面のデザインを邪魔することもないので、iPhoneを裸で使いたいけれど、万が一のときの安心感も捨てられないという人のニーズを満たしてくれる製品だと思います。

イメージギャラリー

-ガジェット, レビュー