夏は裸足で過ごしたい:無印良品 ルームサンダル レビュー

夏は裸足で過ごしたい:無印良品 ルームサンダル レビュー

このページのリンクには広告が含まれています

気温が上がってきて、自宅にいるとき裸足で過ごすのが快適な季節になってきました。靴下を履いていない開放感は最高ですが、裸足で歩き回るのは、自宅とはいえ少し抵抗感があります。これまでは薄手の靴下を履いていましたが、今年は裸足で過ごすために、無印良品の「ルームサンダル 鼻緒」を買ってみました。快適な裸足生活の相棒になってくれそうなルームサンダルを紹介します。

コンテンツ

税込み590円で買える

ルームサンダル全体図

コットン(100%ではありません)の組み紐を縫い合わせて作られた、しっかりとしたサンダルです。590円とは思えないくらいちゃんとした作りです。
カラーバリエーションも豊富にあります。生成り×ブルーは夏らしく爽やかで、男女問わず使えそうです。

ルームサンダルの裏面

裏面には滑り止めはありませんが、コットンの表面がザラザラしていて多少の摩擦があります。普通に履いている分には、そこまでツルツル滑る感じはしません。

鼻緒部分はしっかりと縫い付けてあるので、すぐに取れてしまうこともなさそうです。裏面はちょっと適当な感じですが、使っている分には見えないのでオッケーです。

1足買ってみて、履き心地が良く気に入ったので、洗い替え用にもう1足購入しました。このルームサンダルは洗濯機で洗えます。裸足で履くので、汗とかを考えると洗濯できるのはポイントが高いです。
価格の安さとカラーバリエーションの豊富さで、ついつい多色買いしたくなってしまいます。

グレーのルームサンダル

もう1足はシンプルなグレー単色に。

サイズ展開が豊富

サイズ展開が幅広く、S(22〜23.5cm)からXL(26.5〜28cm)まであるので、ほとんどの人が履けそうです。

ルームサンダルの長さ

買ったのは一番大きいXLサイズです。長さは約29cmくらい。

ルームサンダルを履いているところ

私は普段のスニーカーのサイズが28〜28.5cmくらいです。ルームサンダルはXLサイズで、ちょうどピッタリでした。どちらかというと甲高な方ですが、鼻緒は柔らかく窮屈感も特に感じません。

ほとんど同じようなコットンのサンダルですが、こちらはサイズ展開があまりなく、大きいサイズでも約27cmとなっています。価格もサイズ展開も無印良品が圧勝です。
靴下とかもそうですが、足のサイズが28cmを超えると選択肢がかなり絞られてしまうことが多いので、大きいサイズもちゃんと用意してくれる無印良品は非常に助かります。ただ、XLに関しては、比較的大きい店舗でしか扱っていないようで、やや入手しづらい面もあります。

快適な履き心地

ルームサンダルの生地

商品説明にあるように、本当にラグの上で裸足で過ごしているような履き心地です。ザラッとしたコットンの感触は暑いときでも快適です。

ルームサンダルの重量を測っているところ

片足が約98gと軽いので、履いているのを忘れてしまいそう。

薄く柔らかいので、しゃがんで足を曲げたときなどにも窮屈感がないです。

ほどよい厚みと、少しザラッとしたコットンの感触は裸足で過ごすことを快適にしてくれます。鼻緒の付け根もちょうど良い厚みと硬さです。指で挟む部分は面になっているので、長時間履いていても指の間が痛くなる感じもありません。

夏にピッタリのルームサンダル

二足のルームサンダルが並んでいるところ

自宅での裸足生活を快適に過ごすために、無印良品の「ルームサンダル 鼻緒」を買ってみました。このサンダルは税込み590円と手頃な価格ながら、しっかりとした作りと快適な履き心地が魅力です。カラー・サイズのバリエーションが豊富で、男女問わず使いやすいデザインが揃っています。無印良品は店舗も多く手に入れやすいことや、他の似たようなサンダルと比べても価格が安く、コスパ抜群なのもグッドポイントです。

ザラッとしたコットンの感触で、ムレなくサラサラと快適なサンダルは一度履くと病みつきになってしまいそうです。洗濯機で洗えるため、汗をかいても清潔に保てます。この夏、無印良品の「ルームサンダル 鼻緒」で快適な裸足生活を楽しんでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメントなどを頂けると記事作成のモチベーションとなります。
記事の感想・質問・意見・要望などありましたらお気軽にご連絡ください!

Tanaka Toshiyuki
都内在住フリーランスのカメラマンです。
ファッション・ポートレート・物撮りなどを中心に活動しています。

このブログではカメラ・機材やガジェットなど撮影に役立つものを中心に紹介しています。

記事が参考になったり、気に入ったらSNSのフォローをしてもらえると嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コンテンツ