Kirk TQR-2L & SmallRig KDBC2406:雲台のクイックリリース化

前回の記事でManfrotto 410をアルカスイス化しました。

Hejnar PHOTO Manfrotto Adapter:Manfrotto ギア付きジュニア雲台410をアルカスイス化する

Manfrotto ギア付きジュニア雲台 410は8年前くらいに購入してから、ブツ撮りのときの欠かせない相棒としてずっと活躍してくれています。一度ギア雲台を使うと、他の雲台でブツ撮りするのが嫌になるくらい快適です。この雲台は粗動のレバーが硬 ...

続きを見る

これまではManfrotto 475BにManfrotto 410を、Manfrotto 755XBにKirk BH-3という自由雲台を付けて、スタジオなどで腰を据えたブツ撮りのときは大型の475Bを使い、人物・取材撮影などのフットワークが必要なときは小型で軽量な755XBを使用するという感じで、三脚を使い分けていました。使うかは分からないけれど、一応三脚を持って行くシチュエーションでは軽量な755XBを持っていくのですが、ブツ撮りの場合はギア雲台を使いたいので、いちいち雲台を付け替える必要があります。この付替え作業が地味に面倒くさいので、雲台もクイックリリース化してしまおうと、Kirk TQR-2LとSmallRig KDBC2406を購入したので、比較しつつレビューしてみたいと思います。

外観

Kirk TQR-2L

右からクランプとプレートセット(TQR-2L)、ラージサイズプレート、スモールサイズプレートです。
スモールサイズのプレートとピッタリ合う一回り小さいクランプ(TQR-3S)もあるのですが、そちらのクランプにはラージサイズのプレートが装着できないということで今回は購入していません。スモールサイズのプレートはラージサイズのクランプには装着可能です。
B&Hで購入しました。クランプセット×2、ラージプレート×2、スモールプレート×1を購入して、送料諸々込みで、$400くらいでした。

クランプセットの内容物。取り付け用のアーレンキー、ネジ、謎のシールが入っています。
イモネジは先の尖ったタイプです。取り付けた時に雲台や三脚に傷が付いてしまいそうですが、平らなイモネジよりもしっかり止まりそうなので、個人的には尖っている方が良いかなと思います。
クランプは約210gで重量感があります。

クランプ外観

クランプ部分はこんな感じです。締め付け部分のネジが露出しない作りになっています。
プレート裏の脱落防止ネジがハマるように窪みがあります。この窪みが厄介でして、アルカスイス規格のクランプですが、取り付けたいクイックリリースプレートの脱落防止ネジの幅がこの窪みの範囲内でないと取り付けすることが出来ません。これのせいで、他のプレートとの互換性が低くなってしまっています。
同じKirkの汎用プレートであるPZ-17も脱落防止ネジを付けたままでは、このクランプに取り付けられないという謎仕様になっています。

クランプにはメモリが印字されています。

クランプノブは大きくて、操作しやすいです。作りも良く、高級感のある仕上げです。

クランプ裏面は平面になっています。脚部への取り付けは3/8インチの太ネジです。
ネジ穴横には回転防止用のイモネジがあります。

クランプ底面が約72mmくらい。

水準器の端からノブの端までが約112mmくらい。

クランプ部分の高さが約30mmくらい。プレートを取り付けたときの高さが約37mmくらいです。

プレート外観

ラージプレート
スモールプレート

高級感のある仕上げがされたプレートです。手触りもよく、エッジの部分は丸みをつけてあります。

ラージプレート裏面
スモールプレート裏面

雲台の回転防止のためのイモネジ用のねじ切りが、ラージプレートは4箇所、スモールプレートは2箇所あります。
裏面の突起部分がクランプの窪みとハマるようになっています。この突起部分は一体成型なので、取り外したりすることは出来ません。

スモールが約50mm、ラージが約62mmくらいです。

SmallRig KDBC2406

SmallRigは箱は妙にしっかりしてます。Kirkの半額以下ですが、パッケージだけならこっちの方が高そうに見えます。

中身です。回転防止のイモネジはプレートとクランプ用に2本ずつ付属しています。
Kirkと違ってイモネジは先が平らになっています。

クランプ外観

クランプは円形ではなく不思議な形をしています。
イモネジ取り付け用のネジ穴が3つあります。脚部との取り付けは3/8インチネジです。

メモリはKirkよりも細かく書いてあります。

クランプの開閉はSmallRigもノブ式です。ローレット加工されていて回しにくいわけではないですが、Kirkと比べてしまうとチープさを感じます。

プレートロックの周辺はこのような感じです。開いた状態だとネジが露出しています。

クランプ裏面は肉抜きされていて、Kirkのクランプよりも軽量です。

クランプの直径が約65mmくらい。

ノブの部分まで含めると、約84mm程度です。

プレートを含めた高さが、約25mmくらい。クランプ部分だけだと約18mmくらいです。

プレート外観

プレートもクランプと同じ黒色です。雲台への取り付けは3/8インチネジで、イモネジは中心付近と外側の二箇所にあるので、プレートに対して底面が小さい雲台を取り付ける場合もイモネジで固定することが出来ます。
ゴムの滑り止めが貼ってあります。

裏面には脱落防止用のネジが付いています。Kirkと違ってネジなので外すことが出来ます。

雲台への取り付けネジはこのような感じです。

プレートは約57mmくらいです。Kirkのスモールとラージの中間くらいのサイズ感です。

使用感

ラージプレートを取り付けたときはこのような感じです。

スモールプレートの場合はクランプの余りが多くなりますが、装着は問題なく出来ます。
雲台を取り付けた際の剛性感が高く、接続部が増えることによるブレへの影響は殆どなさそうです。ノブの操作性が良く、少ない回転で取り付け・取り外しが出来るので、頻繁に雲台を交換するときのストレスも少なくて済みます。

SmallRigのクランプには手持ちのカメラ用プレート含めほとんどすべてのプレートが取り付け出来ました。
アルカスイスタイプのプレートだと、雲台無しで三脚にカメラを直接取り付けることも出来ます。
Kirkほどではないですが、作りはしっかりしていて今のところ使用していて不安な感じはありません。付け外しのさいに、ノブをKirkよりも回転させないといけないので、雲台交換の快適さはKirkよりも劣ります。

この雲台のクイックリリースシステムを導入して一番便利だったのが、Manfrotto 131DBを使用しての俯瞰撮影です。
今まで三脚の脚に直接アクセサーリーアームを取り付けたり、Manfrotto 410のクイックリリースプレートを取り付けて、雲台上に取り付けたりしていたのですが、三脚に直接つけている場合は持ち運びの際にいちいち外さないといけなかったり、ネジが緩む方向に力がかかるとアクセサリーアームが回転してしまったりと非常に不便でした。
けれど、アクセサリーアームにプレートとクランプを付けることで、通常の撮影から俯瞰撮影に組み替えるときも非常にスムーズに移行できるようになりました。

アルカスイスタイプの接続なので、雲台と組み合わせることも可能です。アクセサリーアームの下に雲台を入れることで、俯瞰撮影時の構図の微調整がしやすくなります。
上の写真ではアクセサリーアームの先端に雲台を付けていますが、先端のクランプに直接カメラを取り付けることも可能です。

雲台に雲台を取り付ける遊びも出来ます。この組み合わせは実用性が無さそうですが、アイデア次第で可能性が広がりそうです。

まとめ

三脚と雲台の付け外しをクイックリリース化してくれる2商品のご紹介でした。
Kirkの方は2万円弱、SmallRigのものでも5000円くらいはするので、単なる三脚のパーツとして考えると高価です。
物としての質感や操作性はKirkの方が遥かに上ですが、入手のしやすさやコストパフォーマンスではSmallRigに軍配が上がります。とりあえず試してみたい方はSmallRigの方でぜひ試してみて下さい。
雲台やカメラ周りをアルカスイス規格で揃えている場合は、三脚の利便性が飛躍的に向上します。
雲台を脚から取り外すことで、三脚の可搬性が増したことと、用途によって使い分けていた雲台と脚の組み合わせの自由度が増したことで、三脚を持ち出す億劫さが減ります。
そして、雲台を用途によって手軽に交換できる便利さで、三脚沼にハマってしまい雲台・三脚とさらに散財してしまったので、そちらは別の機会にご紹介したいと思います。

-レビュー, 撮影機材