カメラ周りの小物整理について:thinkTANKphotoレッドウィップス・DSLRバッテリーホルダーなど

このページのリンクには広告が含まれています

今回はバッテリーやケーブル類などのカメラ周りの細々した物の整理収納の話です。
細かいものですが撮影には必須のアイテムで、バタバタした撮影中でも使いやすい・混乱しない・片付けやすいをモットーに実際に使用している小物整理グッズをご紹介します。

コンテンツ

ケーブル類

まずは、ケーブルをまとめるのに使っているthinkTANKphotoのレッドウィップスです。

太めのゴム紐にコードストッパーがついているだけの単純なものですが、これが非常に便利です。
テザー撮影用のPCとカメラを繋ぐケーブルやPCの電源ケーブル・電源の延長コードなど撮影に必要なカメラ周りのケーブル類は多岐にわたります。
これらのケーブル類がバッグの中でバラバラにならないように、レッドウィップスで束ねています。

このような感じで束ねます。
レッドウィップスが目立つ赤色をしているので、カメラバッグ内に放り込んでおいても視認性が高いです。

ケーブル使用中はこのようにケーブルにつけておくことで、レッドウィップスの紛失防止になります。片付けの際もこのままケーブルをクルクル巻いてレッドウィップスで束ねるだけなので、非常にスムーズに片付けられます。

非常に使い勝手の良いレッドウィップスですが、12本で1300円くらいと少しお高いです。ただ値段に見合うくらいの丈夫さはあって、最初に買ったものは3・4年は使っているのですが、ゴム紐が少し毛羽立つくらいで、切れたりはしていないので、信頼性は高いです。

カメラバッテリー類

続いてカメラのバッテリー管理に便利なアイテムをご紹介します。

VANGUARD バッテリーケース

コンパクトなVANGUARDのバッテリーケースです。

SONY α7RIVを使っていたときに使用していたバッテリーケースで、NP-FZ100などのDSLR用バッテリーが2本ピッタリ収まります。

広げるとこのような感じになっていて、真ん中のジップ付きのポケットにSDカードなどの小物類を入れることが出来ます。

マチは無いので薄いものしか入りません

裏側にもポケットがついています。公式サイトの商品写真ではレンズキャップを入れています。こちらは内側のポケットと違い多少マチがあるので、少し厚みのあるものも入ります。

カラビナなどで引っ掛けられるループもついています。

手持ちのバッテリーケースは数年前に買ったもので、内側がグレーです。現行のものは内側がイエローになっているようですが、基本的な作りは一緒のようです。
バリエーションで、バッテリーが4本入る横長の商品もあります。

thinkTANKphoto DSLRバッテリーホルダー

シンクタンクフォトのバッテリーケースです。LP-E6系などのDSLR用バッテリーを4本収納できます。
他にも2本のバッテリーのみ収納可能なケースや、乾電池用などのバリエーションがあります。

バッテリーが4本ピッタリと収まります。
仕事ではバッテリーを6本で回していて、カメラ本体に2本、このケースに4本を予備として持ち歩いています。
バッテリーの片側に番号を振ったシールを貼っています。「1・2」「3・4」「5・6」と組み合わせて順番に使うことで、バッテリーを均等に使用できるようにしています。

シールが貼ってある面がこちらに向いているものが満充電で、カラのものは逆向きに入れて管理しています。こうすることでバッテリーケースを開けるだけで、充電の状態も分かり、バッテリー管理が楽になります。

VANGUARDのケースと違ってバッテリー以外のものは入れられませんが、その分コンパクトな作りです。
上の写真のように、バッテリーを2本だけを入れて折りたたんめば、コンパクトに持ち運ぶことも可能です。
7年ほど使用していますが、ケースは故障もなく非常に堅牢なつくりです。

SONYバッテリチャージャーBC-QZ1の持ち運び:Lowpro ギアアップポーチ ミニ

ずっとCanon LP-E6系のバッテリーを使うカメラを使用していたので、充電器はスイングプラグ式のものを使っていました。Canonの充電器はコンパクトでカメラバッグの隙間に放り込んでいます。
SONYの充電器は、ケーブルタイプなのでカメラバッグに直接収納しづらいです。持ち運びには別途ケースがあると便利で、「Lowpro ギアアップポーチ ミニ」がちょうど良いサイズなので、そちらをご紹介したいと思います。

中身が透けて見えるようになっているので、パッと見で何が入っているのか分かりやすく便利です。

ちょうどバッテリーチャージャー2つが収まるサイズ感です。

真ん中の仕切りに、ゴムバンドがついていて、ケーブル類を挟むことが出来ます。
これのおかげで、ポーチの中でケーブルがバラバラにならず、キレイに収納できます。

ポーチの内側にもゴムバンドがあり、内ポケットもついているので、小物の整理整頓に便利です。
カメラ周りのものに限らず、ガジェット類などの小物整理にも便利なポーチだと思います。

まとめ

カメラ周りの小物整理に便利なアイテムのご紹介でした。
撮影中はバタバタしていることが多いので、細かいモノを整理整頓しておけば、撮影に集中することができます。
小物の居場所を決めてあげると、忘れ物・失くしものを減らすことが出来るので、良かったら試してみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメントなどを頂けると記事作成のモチベーションとなります。
記事の感想・質問・意見・要望などありましたらお気軽にご連絡ください!

Tanaka Toshiyuki
都内在住フリーランスのカメラマンです。
ファッション・ポートレート・物撮りなどを中心に活動しています。

このブログではカメラ・機材やガジェットなど撮影に役立つものを紹介しています。

撮影依頼もお持ちしています。
お気軽にお問い合わせください!

記事が参考になったり、気に入ったらSNSのフォローをしてもらえると嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コンテンツ